SELFISHに自分を大切にする
グラフィックデザイナーになりました♡

セルフィッシュなクリエイティブは、わたしを自由にする。
じぶんをしばらない、身勝手なほどじぶんを表現できるデザインが、世界を変える。

トヨ・マリナ|グラフィック〜セルフィッシュ〜デザイナー
1990年岐阜県生まれの犬好き女子。
2009年岐阜県の公立進学校を卒業し、2010年に名古屋のお嬢様大学に入学するもつまんなくて半年で中退。
2011年にデザイン系専門学校にて雑誌のデザインと企画・編集を学ぶ。
卒業後、中規模な印刷会社を経て編集プロダクションへ転職し30社以上のクライアントのクリエイティブに携わる。

・世界最大の発行部数の新聞社の広告
・著名な大手流通グループのチラシ
・専門店のカレンダーデザイン
・角川発行のグルメ・旅、音楽情報雑誌
・有名建築家を招いた建築学生の卒業設計展の書籍
・自分のイラストが採用されたインバウンド向けの観光冊子
・有名アスリートを起用した警備会社の周年誌
・110年の歴史を持つコンサルタント企業のロゴ・記念誌

2020年、コロナショックとともに
経済的なピンチな時期にフリーのグラフィックデザイナーに。(←今ここ)

自分も他人も犠牲にしない
フリーなSELFISHデザイナー

デザイナーは自分を大事にしていない。
愛せていない。

自己犠牲を重んじている国なんて
わたしたちの住む日本くらいです。

自分を大切にするデザイナーだからこそ
フリーとして独立し、
クリエイティブもマネタイズもできちゃう。

クライアントワークのMoneyに縛られず(←ココ大事!)、
大好きなデザインに全力をぶち込むために
パラレルワークとしてネットビジネスしたりして。

あとわたし、
SEO情報発信力で月に70万円以上のキャッシュポイント、
自宅やカフェで好きな時間に作業できるスタイル。

お金や時間、人間関係のしがらみからドロップアウトし、
のーびのびとしたデザインができるようになりましたとさ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎好きな時に好きな人と遊びに行ける
◎気が向いた時に好きな場所へ旅行にも行ける
◎好きな時間に起きて、ゆったりとした少し遅めの朝食を楽しむ
◎好きな時に仕事して、好きな時に休める
◎やりたいときに趣味のゲームや料理に没頭できる
◎大好きなYAECAの服を値札も見ずに買う
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とはいえ、

8年前の22歳のわたしは自己犠牲のカタマリ。

人の顔色ばかりうかがい
自分らしい表現に自信がもてなかった
自己犠牲を重んじる、
古いタイプの日本人的シャイなデザイナー、
みんなのまわりにもいますよね?

控えめで、クライアントに縛られ
終電まで働き、
土日も犠牲にして自分の大切な人や
大好きな趣味をおろそかにしてしまうタイプ。

まさに8年前のワタシこそが、

『自己犠牲な生き方が正しい』

教の信者そのもの。

デザインの痛みを忘れるために
自分を洗脳して生きていたんだよね。

自己犠牲が美徳と思っていた学生時代

「せんせい、だっこ…」

保育園でいつも先生に甘えたときもさ、
教室のすみでこそこそ絵を描く甘ったれで愛嬌のない女の子。
給食のときに向かいに座る男子がふざけて、
私のご飯をぐちゃぐちゃにされても何も言えない。

 

小学校でも授業中に手を挙げて発言するなんて死んでも無理。

でも、まわりのことが気にならなくて
自分の好きなことしているときって
自分を出せないシャイガールはいなくなる。

自分の意見は進んで発表できないけど、
絵や裁縫、お菓子作りは自分のやりたいことが表現できて
普段、家ではのび太くんなお父さんとの会話もはずむ。

人にやらされることはイヤだけど、
小学校でクラスメイトを登場人物とした漫画を描くと、
みんなが「まりってすごいね!」って褒めてくれて嬉しいし
友だちが笑ってくれるのが何より幸せ。

 

へー

自分が好きなことをすると相手も喜んでくれるんだ。

高校生になっても、あいかわらず自分を出せないシャイガール。

文化祭の出し物を決めるとき、
その当時流行っていた「電車男」の劇の案に票が集まる。

みんなが盛り上がってる中、
正直わたしは劇なんてやりたいとは思わなかったけれど
何も意見は言わなければすんなり物事が進む。

発言をして空気が悪くなるし、
話し合いの時間が長くなる。

 

「長いものには巻かれろ」

人の意見にに従っておくのってラクだな。

aikoに出会ってセルフィッシュに生きたいと思えた

「みんなが進学するの?
じゃあ私も大学いくか。」

親も行けって言うし。

しかし、勉強に身は入らず第1志望の国立大学は不合格。

かといって浪人する気もなく、滑り止めで合格した私立のお嬢様大学へ行くも
やりたいことが何も見つからず半年で辞めた。

 

「せっかく高いお金を払って学校へ行かせたのに、何を考えてるの!」

 

知らないよ、そんなん。
大学に行けって言われたから行っただけ。

だから、大学で身についたものはなにもなかった。

やりたいことも特になくバイトだけする毎日。
暇な時間はひたすらゲームをして、
親のすねをかじる典型的なテキトーなフリーター。

でも、このままフリーターだったら将来どうなる?

ずっとバイトして生活する?

そんなのはイヤだ。

けど、やりたいことが見つからない…。

エスカレーター式で親にいわれるままに入った人ばかりの
お嬢様大学にはわたしが自分らしくできることがなにもなかった。

 

わたしは現実逃避できる本が好き。

いつものように本屋に行き、伊坂幸太郎の本を買いつつ
雑誌コーナーに立ち寄り、何気なく手にとった「オリコンスタイル」に

自分らしくある為に
神様がくれたもの

と叫んでいるaikoが笑っている。

 

何も表現できていないダメダメな自分とは反対に
aikoはキラキラに輝いている。

 

今は私好みのロングのaikoだけど、
当時はショートで少しダボッとした古着の501のLEVI’Sのジーンズに緑のアメカジTシャツ、
赤いコンバースの靴という格好なのに
『自分』を表現していて堂々としている。

自分を出せているセルフィッシュなaikoのクリエイティブ力にあっという間に虜。

 

わたしも自分を表現として好きなように生きたい!

 

みんながみんな似たような服を着て、同じものを好きだと語り合う。

学生の時って特に「みんなが着ているから同じものを着よう」の精神ってない?
違うものを着ているのが間違いで、みんなと同じ服を着るのが正しいみたいな。

その同調圧力がめちゃくちゃキライ。

女に女を求めるファッションってなにがいいの?
世の中の常識を押し付けてくる人なんていらない。

 

わたしもaikoになりたい。

 

でもさ、わたしは服をつくれない。
語彙力もないし曲もつくれないし、歌も歌えないしさ。

 

じゃあ、自分はなにができる?

 

あれ?

わたしの好きなaikoが雑誌のデザインでさらに輝いてみえる!

歌を作るのも服を作るのも無理だけど、
雑誌をデザインするのは絵を描くのに似ているかもしれない。

デザインならaikoみたいに

 

「セルフィッシュに自分を表現できる」

 

わたしエディトリアルデザインデザイナーになる。

デザインで自分を表現でき、商品の魅力をさらにアップさせるデザイン力を身につけるため
デザイン系の専門学校のパンフレットをやたらめったら集めて、
部屋着のまま願書を出すため家を飛び出した。

 

専門学校では商品のよさを引き出すエディトリアルデザイン、
読者にお店や商品などの魅力を伝えるライティングやキャッチコピー作り、
誌面に合った写真を撮影できるカメラの授業など
雑誌をつくるため必要なことをひと通り学んだ。

2010年、專門学校にきていた求人の中から
先輩も行ってたし、先生もイチオシだった何か安心できそうな
一応デザインができそうな地元の人しか乗らない駅が最寄駅の滋賀の印刷会社へ入社。

わたしはグラフィックデザイナーになった!!

人の言うとおりにつくることがデザイナーなの?

入社してデザイナーとしての名刺をもらったときは
世界がパッと明るくなり遠い未来まで光り輝いてみえる気がした。

 

「デザイナーになったから、わたしもaikoになれる!」

 

しかし、就職して数ヶ月後。

自分が思い描いていたデザイナーとのギャップに悩みはじめた。

クライアントの言う通りに動き、時間にも縛られ
自己犠牲のかたまりの先輩ばかりで
尊敬なんてなにひとつできなかった。

毎日毎日夜遅くまで働き、ひどい日は翌日の昼過ぎまで働く先輩や
休みの日も出社しプライベートの時間なんてない先輩。
クライアントの言う通りに動く営業に振り回される毎日。
ひどい働き方をしている人ばかりでみんな顔色が悪かった。

 

本当は自分を表現しつつもクライアントを笑顔にできる雑誌をつくりたかったけど、
ここではできなかった。

私がなりたかったセルフィッシュなデザイナーじゃない。

休みがない、キツイ、給料が安い。

 

「こんな自己犠牲な働き方がグラフィックデザイナーなの?」

 

仕事は最低3年やり続けないと身につかないと言われている。

けれど、自分の時間がなくなるまで働くことでで
将来なにも残らなくなることに恐怖を感じていた。

 

35歳の女の先輩さとみさんは、
新卒からこの会社で働いてるみたいだけど
毎日毎日終電を超えても働き
休日も出社している。
彼氏はいたって聞いたけど、
あまりにも仕事が忙しくて別れたみたい。

 

会社に「将来この人のようになりたい」と尊敬できる先輩がいなかったし、
毎日毎日同じ仕事の繰り返しでデザイナーとしての成長もここまで。

22歳のわたしの10年後。

結婚もせず彼氏もいない。
趣味は宅飲み。
休日もだらだら家にいる。
安い給料でたまにの贅沢で旅行も行けない。

毎日遅くまでデザイナーになるのか…。

 

「もっと自分を表現できるデザインができて、

プライベートも楽しめるかっこいい人になりたい。」

 

aikoは23歳で「花火」がブレイクスルー。
22歳のわたしは、まだ自分を表現できない平社員…。

理想のデザイナーになるため
入社4年目で転職を決意。

自由っぽい社風でデザイナーとして成長でき、
雑誌のほか色々な媒体のデザインができる株式会社Dに希望をいだいた。

転職先でもまた絶望。自己犠牲で働くのが正義?

夕方6時。

私がやりたかった雑誌の仕事。

朝からの修正がようやく終わった。

社長に見せてクライアントに寄り添うように調整し、
気合いの入った誌面ができあがった!

よし!!!

けれど

「思っていたものと違う」
「最初の案のほうがよかった」
「社長に見せたら何か違うって言われちゃったんだよね」
「適当でいいから5案くらい出してほしい」
「明日の朝イチまでによろしく」

というクライアントの再度の修正依頼…。

 

「最初の打ち合わせの段階でちゃんと言ってよ!
だったら、言われたとおりじゃなくて自分の好きにデザインしておけばよかった。」

 

デザイナーなら一度はこういう経験したことないですか?

なんのビジョンもないくせに無茶なことを言うクライアントって
めちゃくちゃ多いしウンザリしますよね。

自己犠牲なデザインって結局たのしいデザインができないことばかり。

環境を変えたくて転職したっていうのに、想像とは全く違う現実が待っていました。

転職先の会社にはデザイナーが1人いたけれど、わずか1ヶ月で産休に入りすぐひとりに。

 

いきなりのピンチ。

 

終電の時間まで働き、休日出勤だって当り前。
残業代なんてついているのかいないのか、よく分からない。

言われた通りに作ったのに、イメージと違うと言われ作り直し。

  • 毎日終電まで仕事
  • 忙しい時期は日曜日も出社
  • 友達と夜に飲み行く約束をしても、仕事がいつ終わるか分からずドタキャン
  • 給料は安く、精神的にもボロボロ

クライアント、社長、先輩の意見に従ってデザインしていたので
自分のやりたいことが表現できず、
自分の作品と胸が張れるクリエイティブができなかった。

好きだったご飯も砂糖も塩の味もしない料理に変わっていった。

 

AM3時まで働いた日には、彼氏に「仕事と俺、どっちが大事?」なんて言われるし、
友達との飲む約束や旅行に行く予定もドタキャン。
彼氏も友達も消えていった。

こんなに自分の人生を犠牲して
肌もボロボロ、命の次に大事な睡眠、大好きなゲームもできない、aikoのことを思い出す日もない。
ひたすら我慢、我慢、我慢の4年間。

 

どこまでついてない。
漫画の主人公だとしたら、
そろそろラッキーな展開があってもいいのに。

ザオラルもザオリクも人生には効かなかった。

いつになったらselfishに生きられるのだろう。

 

この会社でも私が思い描くデザイン環境がない。

入社して1ヶ月後。

「社長、私やめます。ここじゃなかったので。」

おっさんデザイナーNさんって誰だよ

辞めたいと伝えたはずの私に、

「合わせたいデザイナーがいると」

と、デザイナー歴30年の一人でフリーで活動しているNさんの話をされました。

「辞めたい」って言ってんのに。もう。
30年ってすごいけど、ただのおっさんじゃん…。

おっさんに会うまで少し時間があったため、
いつものように働いていたけれど、心はここにあらず。

紹介されたとしてもその場は適当にしのいで絶対辞めてやると思っていたので、
休憩時間は次の職場を探すため、転職サイトばかりを見る毎日。

給料はよさそうだけれど休みが少ない。
休みは多そうだけど仕事内容がつまらなさそう。
ここならどうだろうか…いや怪しいにおいがする。

などと繰り返していたらあっという間に約束の日がきた。

 

ポカリスエットのような爽やかな真夏の突き抜ける青空が眩しい日。

焼けるような暑さとしたたる汗に耐えながら
わけの分からぬままNさんの事務所に連行。

しかし、おっさんデザイナーNさんがselfishに生きている。

40過ぎのおっさんデザイナーと聞いていたからどんな人かと思いきや、
自分でイラストも描き、写真も撮る、オールマイティーなデザイナー。

Nさんは45歳で、結婚していて3人の子供さんたちと暮らしている。
私も大好きな犬を飼っていた。

見た目もおっさんっぽくなくて、意外とすごい人なのかもしれない

Nさんに自分の置かれている環境やこれまでのデザイン経験について話したら、

 

「クライアントや先輩の言うとおりにやってばかりいたら
自分の作品といえる作品はできない。
もっと自分を出せ。思いっきり自分勝手になれ」

 

と出会ったばかりの人に怒られた。

前言撤回。
やっぱりただのうるさいおっさんだ。

 

でも、人の意見に流されず自分のデザインが大事だということを知った瞬間だった。

 

ひげも生やしてお酒もだいすき。
飲み歩いては財布をなくす。
aikoと見た目はかけ離れているが、
自分を出せているselfishな生き方をしている。

SELFISHなデザインが生まれた。自己犠牲な生き方が死んだ

それから2ヶ月後。

クライアントの言う通りにする自己犠牲なデザインではなく、
自分が好きなことをできるデザインができるときがやってきた。

目がくりっとしてちょっとお腹の出たザ・営業気質の新聞社の竹山さんから
インバウンド向けの冊子の製作依頼。

 

「もう自己犠牲なんてやめる!
会社の意見もクライアントの意見にも流されず、
自分の好きなようにデザインしてやる。」

 

「新聞社のロゴ入れて新聞っぽい感じがいい」と言われたけれど、
外国人向けだから日本っぽいイメージがある方が絶対いいと思い
織田信長っぽいキャラクターを描いたら採用された。

そしたらクライアントも面白がってくれて、
「奥さんや息子も入れてみてよ」と提案された。

あと2人も描くなんて面倒くさいなと思いつつも、
内心はすごくワクワク。

(完成したインバウンド冊子の表紙)

自分の好きなようにデザインすることで
自分の作品という作品ができあがり、クライアントにも喜んでもらえて自分も楽しい。

「これがデザイナーだったんだ」

 

おっさんNさんに言われたことがすっと体の中に入ってきた。

 

コムデギャルソンのデザイナーの川久保玲さんも言っていた。

誰にでもわかって、よく売れそうで、という服を作っていたらコムデギャルソンの存在はありません。

わたしたちの服選びは、自分らしいデザインをすることと一緒。

クライアントの言う通りに安い金額でできるありきたりなデザインなんて、
正直なことを言ってしまえば誰に頼んでも同じ。

私が服を選ぶ基準も一緒だ。
安くて着回しのきく服はたくさんあるのに、
なぜ、ブランドの服を買うのか。

デザイナーのアイデンティティに惚れているからだ。
決して安くはない服を買うのは、
その服がもつ個性にドキドキワクワクするから。

デザイナーがやりたいことをしている服が魅力的。

みんなもそういう服好きじゃないですか?

 

デザインも基礎がしっかりしていれば、
あとは自分の好きなことをしていいんです。

 

クライアントに媚びたり、先輩の言うことばかり聞いた言われるままのデザインは埋もれてしまい
自分の名刺代わりになるような作品ができず、一生フリーのデザイナーになれず、会社にい続けることになる。

 

つまり、selfishなデザインをしなくては
フリーのデザイナーになれないということ。

毎朝、満員電車に乗って夜遅くまで働く。

休日も働いて彼氏や友だちとの時間をつぶす。

好きなときに好きな人と好きなだけ遊べない。

好きな場所に行って美味しいものをたらふく食べられない。

好きな服を買うお金がない。そもそも買いに行く時間もない

ゲームをする時間もない

クライアントから一発OKが出るデザインができない

生活の一部になるようなデザインができない。

selfishなデザイナーになれない。

ただ好きなデザインをして、心から自由(フリー)になれない。

 

こんなことに悩んでいたけれど、
クライアントから言われるまま何案も何案もつくり、自分の人生を犠牲にすることではなく
本当のクライアントの意向を読み取り自分の好きなようにデザインすることで
良いデザインが出来上がり、働く時間も減り、プライベートも充実してくる。

 

そして、私はフリーのデザイナーになり、セルフィッシュな生き方をしている。

◎好きな時に好きな人と遊びに行ける
◎気が向いた時に好きな場所へ旅行にも行ける
◎好きな時間に起きて、ゆったりとした少し遅めの朝食を楽しむ
◎好きな時に仕事して、好きな時に休める
◎やりたいときに趣味のゲームや料理に没頭できる
◎大好きなYAECAの服を値札も見ずに買う

セルフィッシュなデザインができるようになったことで
尽きない泉のようによろこびが湧き上がりが毎日がこんなにも輝いている。

自由=フリーなでデザイナーになりたい人へ

selfishって、辞書で引くと「利己的な、自己中心的な」という意味が出てきます。
しかし、マイナスなイメージに捉えるのって日本だけ。

「自己中心的な」という意味は英語だとegotist。

日本語だとマイナスなイメージの意味はあるのに、
プラスのイメージの意味はないんですよね。

他人を犠牲にして自分の利益を追求するのが「自己中心」、
他人のことを気にせず自分の好きなことをするのが「自分中心」。

「自己中心」は自分に対して甘く、「自分中心」は自分に対して優しいという意味がしっくりきます。

自分を犠牲にして人の為にばかり生きると内側に貸しが残るんです。「これだけやったんだから」というものが残って、見返りを求めるのだと思います。賞賛を得るために頑張ったり、相手に対する要求が無意識の中でエスカレートして、逆恨みしたり、凹んだりもします。本当に人の為になる事をしたいなら、自分自身がハッピーになることです。それが心構えだろうと行動だろうとどっちでもいい。自分を大切にできない人に、犠牲の意味がわかるものか。自分の為に生きる事は他人をおいてきぼりにする事ではありません。自分を大切に出来ない人に、他人を大事にする権利なんてない。

つまり、selfishは「自己中心」ではなく「自分中心」と訳す方がしっくりくる。

selfishでいいんです。

デザインも自分中心でいいんです。

 

関連記事:本業とは別にもう一つキャッシュポイントを作る。

 

フリーのデザイナーになりたいと思っているあなたに会えてよかった。

もしかしたら、私と同じようにNさんのような人に出会うタイミングは“今”かもしれません。

会社を辞めたくても辞めれないと悩んでいた昔の私みたいに

今行動を起こすことでフリーのデザイナーになれるはず。

 

フリーのデザイナーになるためにまず何をしたのか、

どれくらいの時間がかかったのかを

無料のメルマガで発信しているので、気軽に受け取ってください。

Twitterでもフランクな感じで情報を発信しているので会いにきてださいね♡

 

自分らしくある為に
神様がくれたもの
あなたに出逢えたこの奇跡

誰が何をしようと関係ない

(引用:aiko「be master of life」)

aikoすき♡

 

あなたの人生なので、自分を大事に。

 

↓メールアドレスを入力して情報を受け取る。

〜無料メールマガジンに登録する〜

登録フォーム

名前

メールアドレス