Macbook Pro13インチのtouch barは必要?コスパはいい?

最近新しいMacbookを買ってご満悦のトヨトミです。

新しいものってパソコンに限らず、
服とかお店とかもワクワクしますよね。

でも、買うときはとてもとても悩みました。

決して安いとはいえない金額ですし、
一応Macbookは7、8年前に買ったものを持っていたので
買うかどうかも正直悩みました。

しかし、結果とても快適で買ってよかったと思いました。

ただし、買うと決めたのはよかったですが
スペックでもとてもとても悩みました。

サイズ、色、メモリ、ストレージ…

そしてTouch barは必要なのか、必要ないのか。

スポンサーリンク

Macbookの種類は全部で3つ

Macのノートブックを買うにあたって最初に悩むのは
どの種類にするかだと思います。

Macのノートブックは全部で3種類。

  • MacBook
  • MacBook air
  • MacBook Pro

どの種類を選べば正解なの?

と悩む人がいると思うので、ひとつずつどんな作業に向いているか説明します。

手軽に持ち運んで作業したい920gのMacbook

MacBookは何より持ち運びのしやすさがポイントです。

12インチのMacBookの重さはたったの920g!

1kgを切っているのはすごい魅力的ですね。

MacBook airやMacBook Proは1kgを超えているため、
仕事やカフェで書類をチェックしたり
ブログを書いたりっていうくらいの使用頻度であれば

MacBookがいいかもしれません。

価格が安く学生におすすめしたいMacBook air

MacBook airはMacBookより約300g重いですが、
Touch IDがないモデルだと約10万円で購入することができます。

MacBookは安くて142,800円(税別)なので
この金額の差は大きいでしょう。

さらにバッテリーの持ちの良さは
MacBookやMacBook Proが約10時間なのに対し
MacBook airは約12時間。

サイズは13インチからなので12インチのMacBookに比べると
画面も見やすい大きさでしょう。

1インチの差はそこそこ大きいので
画面を少しでも広く大きく使いたい人は
Macbook airがいいかもしれません。

デザイナー向けのMacBook Pro

私みたいなデザイナーにあれば
MacBook Proがいいでしょう。

IllustratorやPhotoshopを使ったデザイン作業、
軽めの動画編集くらいであればサクサク動きます。

13いんちであれば重さも1.37kgでMacBookに比べたら少し重いですが
ほかのスペックで比べると使い勝手が多い部分があるため
気にならない重さの差でしょう。

ちなみ15インチになると重さは1.83kgになるため
リュックに入れて持ち運ぶとさすがに疲れそうだなと思ったので
私は13インチを選びました。

touch barは必要ない?コスパをチェック!

買う種類をMacBook Proに決めた人が
次に悩むのがTouch barが必要なのか、必要ないのか。

Touch barは通常のMacのノートブックについている
ファンクションキーの代わりについています。

行なっている作業に合わせてTouch barの表示内容は変化します。

写真アプリを開けば写真のサムネイルが表示され、
角度調整程度の編集であればTouch barで可能。

Safariを開けばタブが表示され、お気に入りアイコンが並ぶため
よく見るサイトにすぐ飛ぶこともできます。

さらにTouch barには指紋認証システムのTouch IDが搭載されており
Macのロック解除やApp Storeも指1本で簡単に。

ここまで聞くとなんだか便利そう!

少し気になるかも!

という方もいるかもしれませんが、問題は価格。

Touch barが搭載されただけで約5万円変わります。

 

え!5万円!?

あったら便利なものだとは思いましたが、
個人的にコスパがいいとは思いませんでした。

だったらメモリを増やしたりストレージを増やしたいと思ったので
私はTouch barモデルを購入するのはやめました。

というか、今までTouch barがないものを使ってきて
不満を感じたことがなかったため
Touch barは必要ないかも…と感じています。

MacBook Pro13インチのTouch barのコスパ まとめ

いかがでしたか?

Macのノートブックの簡単な説明と
Macbook ProのTouch barについて
少し熱く語ってしまいましたね。

もちろん、Touch barを格好よく使いこなしている人もいるかと思います。

ですので、Touch barを否定しているわけではなく
(実際あったらあったで便利そうですしね)

個人的にはなくても困らないものだったので
そのほかのところへお金を使うことにしました。

みなさんの中でもし、Touch barをどうしようか悩んでいる人がいたら
少しでも記事が参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です