SELFISHに自分を表現できるグラフィックデザイナーになりましょ♡

SELFISHに自分を表現できる
グラフィックデザイナーになりましょ♡

セルフィッシュなクリエイティブが
わたしをフリーのグラフィックデザイナーにしてくれた。
身勝手でじぶんを表現するデザインが実績をつくり
会社のしがらみから救い出してくれて、
わたしのデザイナー人生が動き始めた!

MARINA(@MARINA_202011)

 

グラフィック〜セルフィッシュ〜デザイナー

 

1990年岐阜県生まれの犬好き女子。
2009年岐阜県の公立進学校を卒業し、2010年に名古屋のお嬢様大学に入学するもつまんなくて半年で中退。
2011年にデザイン系専門学校にて雑誌のデザインと企画・編集を学ぶ。
卒業後、中規模な印刷会社を経て編集プロダクションへ転職し30社以上のクライアントのクリエイティブに携わる。

 

・世界最大の発行部数の新聞社の広告
・著名な大手流通グループのチラシ
・専門店のカレンダーデザイン
・角川発行のグルメ・旅、音楽情報雑誌
・有名建築家を招いた建築学生の卒業設計展の書籍
・自分のイラストが採用されたインバウンド向けの観光冊子
・有名アスリートを起用している警備会社の周年誌
・110年の歴史を持つコンサルタント企業のロゴ・記念誌

 

2020年、コロナショックとともに
経済的なピンチな時期にフリーのグラフィックデザイナーに。(←今ここ)

1年前までのわたしは、
多くのグラフィックデザイナーさんたちと同じように

  • 毎日終電まで残業して肉体的、精神的にもヘトヘト
  • 労働時間にみあう給料もない
  • 自分の作品といえる実績ができない

会社の上司やクライアントに縛られ続け、
自分を犠牲にしているデザイナーでした。

つまり、自分の人生を輝かせるために
生きていなかったということです。

 

でも、

好きなことを大切にする女子デザイナーならではの
セルフィッシュ(自分中心)な生き方を見つけたことで
フリーのグラフィックデザイナーになれました

自分の表現力を信じてグラフィックデザインに取り組み
大好きなデザインにじぶん100%の好きを注入。

また、

パラレルワークとしてネットビジネスで
会社からのベーシックインカムに頼らない
自立した生活を送っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎好きな時に好きな人と遊びに行ける
◎気が向いた時に好きな場所へ旅行にも行ける
◎好きな時間に起きて、ゆったりとした少し遅めの朝食を楽しむ
◎好きな時に仕事して、好きな時に休める
◎やりたいときに趣味のゲームや料理に没頭できる
◎大好きなYAECAの服を値札も見ずに買う
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんなふうに、
自分が心から好きと言えるデザインをしても、
会社員時代の給料以上の収入はしたたかに確保!

さらに、SEOを駆使するメディア運営で
月70万円以上のキャッシュポイントをつくるなど、

自宅やカフェで時間や場所に縛られず
お金や時間、人間関係のしがらみから開放されたワークスタイル
毎日たのしいデザインライフを送っています。

とはいえ、

最初に入社した印刷会社に勤めていた22歳のころのわたしは、
人の意見に振り回されるだけの自己犠牲のカタマリ。。。

人の顔色ばかりうかがい
自分らしい表現に自信がもてなかった
自己犠牲を重んじる、
古いタイプの日本人的シャイなデザイナーだったのです。

 

会社やまわりにもいませんか?

控えめな性格が邪魔をして、
クライアントに縛られ終電まで働き、
土日も犠牲にして自分の大切な人や
大好きな趣味をおろそかにしてしまうタイプのデザイナー。

 

まさに8年前のワタシこそが、

『自己犠牲な生き方が正しい』

教の信者そのもの。

 

フリーのグラフィックデザイナーになる夢がかすむほど、
『自分を表現すること=悪いこと』
だと、自分を洗脳して生きてきた

大学中退からフリーターの暗黒時代がありました。。。

自分をガマンすれば上手くいくと思い込んでいた幼少〜学生時代

「せんせい、だっこ…」

なんてセリフも言えず、
保育園ではひたすら先生のあとをくっついて回ってた
甘ったれだったわたし。

友達のいやがらせにもじっと我慢するような女の子でした。

給食のときに向かいに座る男の子がふざけて、
わたしのご飯をぐちゃぐちゃにされても何も言えなかったんだよね。。。

先生に言いたくても言えなくて、
青ざめた顔でひたすら給食を眺めてた。

 

両親が共働きだったことから6ヶ月で保育園に預けられ、
親が迎えに来るのはいつも夜になってから。

早く迎えに来ないかな…と
文句を言わずいつもガマンして待っていた。

それが親を困らせないことだと分かっていたし、
そうすることしかほかがなかったから。

 

ガマンすることは小学、中学、高校にあがってもずっと同じでさ。

自分がガマンすることで、とりあえずその場をしのぐ

ことがわたしの生き方。

 

学校の授業中に手を挙げて発言するなんて死んでも無理な
自分を出せないシャイガールは健在。
家に帰って、おかあさんにないしょで
トイレに隠れて泣きじゃくるほど悲しかった。

高校の文化祭でも自分を押し殺す日々がつづく。

クラスで劇をすることになったけれども、
人の意見に乗っかって、
自分の意見を通さないポジションをキープ。

山田孝之さん主演の純愛映画として大ヒットになった
『電車男』が劇に決まりみんなが盛り上がってる中、

 

「どうせ誰かがオタクっぽい格好をして、
クラスでかわいいあの子がヒロインをするんでしょ…」

 

と冷めていたけど、
わたしはルーティンどおり黙っていた。

 

何も意見は言わなければすんなり物事が進んでいくし、
発言をして空気が悪くなれば、
話し合いの時間が長くなる
ばかりだもの。

 

幼稚園、小学校、中学校で
ガマンすることでやり過ごす処世術を身につけてきた。

だから、長いものには巻かれろと言わんばかりに、
自分の意見を出さずに、心を押し込めて人の意見に従っておけば、
とりあえず物事が進んでいくことに慣れきっていたんだよね。

なにより自分の意見を言わないことがラクだったし。

 

ただ、その代償として、

自分が本当にやりたいことが言えない、できない

というクリエイティビティ(新しいものを生む創造力)のない
人間が作り上げられていった
んですよ。

長いものには巻かれ、
大学進学からの半年中退でフリーターに

『長いものには巻かれろ』って、
『怠慢』ってイメージもあるけれど、
自分の可能性を縛ることも意味していると思う。

 

大学も同じく、
群集心理で進学したけれど、
自分の気持ちを抑え続け、結局フリーターになる始末。

 

「大学に行って公務員になりなさい!」
「わたしは進学するよ。まりは大学行かないの?」

 

親からのすすめと、
まわりの友達が進学するからといった理由で
『長いものには巻かれろ』的にとりあえず大学へ進学を目指す。

目的ありきの進学じゃないのだから
勉強なんて楽しくない。。。

第1志望の国立大学も落ちて当然。

だから、滑り止めで受かった私立のお嬢様大学にとりあえず行くも
つまんなくてたった半年で飛び出しちゃった。

 

「せっかく高いお金を払って
大学へ行かせたのに何を考えてるの!」

母親には死ぬほど怒られた。。。

 

「お母さんに言われたから大学に行ったのに…」

 

つまんなくなってやめて何がいけないの?

 

人の意見に流されてやりたいことも見つからず、
ヒマをもてあましたわたしは、
はい、とりあえずフリーターに。

暇な時間はひたすらゲームをして、
バイトの時間になればすっぴんでだらだら家を出るだけの
親のすねかじりフリーターの毎日。。。

(ともだちの家でだらだらゲームの日々)

 

「わたしは何のためにバイトをしているのか?
お金を稼ぐためだけに働いているの?

だったら、自分の人生を生きていないのと同じじゃん!!

 

けど、、
やりたいことが見つからない…。

 

そんな、自分の人生に絶望していたころ、
わたしの人生の転機となる
アーティストのaikoに出会ったのです!!

自分を表現するaiko!
セルフィッシュでも人を幸せにする生き方

小惑星探査機はやぶさが7年ぶりに帰還した2010年。

このままフリーターのまま実家でダラダラ過ごし続けるのかと、
不安な毎日を半年続けていたとき

雑誌の中でひときわ輝くアーティストaikoに出会い、
歯車が動き始めたの!

 

わたしは、エンタメ100%のワクワクする本が好きで、
伊坂幸太郎さんの著書を買いに、
フリーター時代もよく本屋に行っていた。

そして、平日の連日続く居酒屋のバイトに疲れ、
心も身体もボロボロになって迎えた週末も
わたしは本屋にいました。

伊坂幸太郎さんの
『終末のフール』という小説を手に取り、
入り口近くのレジに向かう途中、
レジ横の週刊誌コーナーに目が釘付けに。

 

「あ、aiko♡」

 

ゴシック系のフォントとポップな色使いのデザインの
『oricon style(オリコンスタイル)』の表紙に、
あの!わたしの大好きなaikoが表紙にいる!

(イメージ♡)

aikoは、今は私好みのロングだけど当時はショートでさ。

オーバーサイズでユルくはきこなすLEVI’S501の古着ジーンズに、
緑色のアメカジTシャツに赤いコンバースの靴
ボーイッシュに着こなしていた。

当時の女性アーティスト、シンガーソングライターの多くは、
化粧や言葉づかい、ファッションチョイスなど
女子力アピール強めのキャラクター(いわゆるギャル)がほとんど。

そのほうが男子ウケが良いからなのだろうけれど、
わたしには、いわゆる女性に女性らしさをもとめる
風潮そのものが好きになれなかったんですよね。

 

でも、aikoはそんな予定調和なキャラたちとは違っていた。

等身大の歌詞と、ムダに着飾らない、
男にへりくだるような女子力をアピールするような言動も無い。

 

そんな、右にならえ的な
トレンドに乗っかって楽をするような、
自分の気持ちを押し込めるようなことはせず、

 

aikoは自分らしく、セルフィッシュに輝いていた

 

なのにわたしときたら、
人の意見に振り回されっぱなしで
自分のやりたいことも見つからない。

自分を出さずにずーーーーーーっと
ガマンして生きてきた結果がこのフリーターぐらしだよ。。。

 

「わたしも自分を表現して好きなように生きたい!
わたしもaikoになりたい!!」

でも、
語彙力もないし曲もつくれないし、歌も歌えない。

 

でもでも、あれっ?

このオリコンスタイル、
わたしの好きなaikoを

雑誌のデザイン力で
さらに輝かせて魅せているじゃん!

わたしはこのとき奇跡的に、

昔から絵を書くことが大好きだったことを
思い出したのだった!!

 

わたしは昔から
自分の意見は進んで言えなかったし、
言いたいことがあってもガマンしていた。

人に言われるままに絵を描かされることはイヤだったけど、
クラスメイトを登場人物にした漫画を描いたり、
自分の好きな犬のイラストを描いたりなど
絵を描いているその時間は、
完全に自分を表現していた!

 

そしてまわりのみんなが「まりってすごいね!」って
褒めてくれると生きている気がしていた。

友だちが笑ってくれるのが本当に嬉しかったんだよね!

 

わたしの絵を活かせるグラフィックデザインなら、
aikoみたいにセルフィッシュに自分を表現できるかもしれない!

 

このとき、

aikoの『桜の時』の歌詞じゃないけれど、
いままでわたしがしてきた自己犠牲は間違いじゃなくて、
本当に自分の好きなことを見つけるための試練。

aikoといま出逢えたことで全て報われた気がしたんだ。

 

あたたかい涙がどんどん溢れてくる。
小さい頃、自分を押し込めてトイレで泣いていた
あの冷たい涙とはぜんぜんちがう。

薄暗くてぼんやりした海底で
地上から光が差し込んでくるのを感じた。

そして、自分を表現することを仕事に選んだわたしは
エディトリアルデザイナーへの道を歩み始めたのです!

専門学校を出て印刷会社に就職
身を削る女性先輩デザイナーに絶望!

デザイナーになると言っても
いきなり未経験から使ってくれるような会社なんて無いよね。。。

なのでまずわたしは
デザイン系専門学校のパンフレットを集めまくり、

  • 雑誌づくりが一貫して学べる
  • 信頼できる先生が在籍している
  • 就職率が高い(90%以上)

をクリアした学校を選び、
部屋着のまま家を飛び出し願書をポストに投函!

 

大学を中退して半年たった2011年、
名古屋のデザイン系専門学校に入学。

専門学校では商品のよさを引き出すエディトリアルデザイン、
読者にお店や商品などの魅力を伝えるライティングやキャッチコピー作り、
誌面に合った写真を撮影できるカメラの授業など
雑誌をつくるため必要なことをひと通り学んだ!

デザイナーになるのなら
十分にデザインができる環境(最新の機器やソフトウェア)と、
デザインの基礎をしっかり学べる先生がいる専門学校をえらぶのが大事だ。

わたしが通っていた学校は最新のiMacに
当時最新だったIllustratorとPhotoshopのCS5のソフト
そして現役のライターやデザイナー、広告代理店の社長が講師として
実際の現場で使える知識や技術を教えてくれた。

 

そして、2013年の卒業を前に
專門学校に並べられた求人の中から、
地元人しか乗らない電車が止まる駅が最寄駅の
滋賀県の印刷会社へ入社。

 

「MARINAさん、これ君の名刺ね」

名刺にはデザイナーの文字とわたしの名前。

「これでわたしもaikoみたいに
自分を輝かせるデザイナーになれる!
中途半端な人生ともおさらば だ!」

これからの光り輝くデザイナー人生が見えた!

 

でも、
現実は違っていて。。。

 

就職して4年目、
自分が思い描いていた自由なデザイナーとの
ギャップに疑問を持ちはじめたの。

それは先輩デザイナーのさとみさんの働き方に
わたしのこれから輝くはずだったデザイナー人生を、
絶望の淵に落とされたから。。。

 

新卒で入社した印刷会社は、
クライアントの言う通りに動き、時間にも縛られ
自己犠牲のかたまりの先輩ばかりでさ。

毎日夜遅くまで働き、ひどい日は翌日の昼過ぎまで働き、
休みの日も出社しプライベートの時間なんてない。

さらに、クライアントの言う通りに動く営業に振り回され、
わたしもほかのデザイナーたちも全員顔色が悪いんだよね。

 

✕ 休みがない、
✕ 毎日忙しい、
✕ 給料が安い。

 

「こんな自己犠牲な働き方がグラフィックデザイナーなの?」

って。

先輩デザイナーのさとみさんは35歳。

新卒からこの会社で働いてるみたいだけど
毎日終電がなくなるまで働き、休日も出社。
結婚もせず趣味は宅飲み。
休日もだらだら家にいるだけだし、
安い給料で旅行も行けず
あまりの仕事の忙しさに彼氏とも別れたらしい。

そして、肝心のデザインも
デザイン集やデザイン素材サイトから引っ張ってきただけの
どこにでも誰にでもできるようなデザインで
ぱっとしないものばかり。

 

自分が目指す自己表現できる
クリエイティビティがあるデザイナーとはほど遠かった。

 

でもこれ、

さとみさんは、わたしの10年後の姿ってことだよね?

 

ぜっっっったいにイヤ!
こんなデザイナーにはなりたくない!!

 

私がなりたかった、自分らしさを表現できる
セルフィッシュなデザイナーになれそうもない。

わたしはまた昔のように、
この会社でも自分の心を押し殺し
ガマンをするの?

いや違う。
わたしは変わったんだ!
いや、変えるんだ!

セルフィッシュデザイナーになるために転職!
転職するも、会社づとめのデザイナーの現実に再び絶望!

さとみさんみたいになりたくないわたしは、
入社4年目で転職を決意。

「もっと自分を表現できるデザインができて、
プライベートも楽しめるデザイナーになりたい!」

 

でも、転職先のD社でもやっぱりダメ。。。

デザイン業務以外のしごとをやらされたり、
自分らしく自分の好きな仕事に集中できる場所ではなく
結局はクライアントに言われるがまま。

 

「思っていたものと違う」
「最初の案のほうがよかった」
「社長に見せたら何か違うって言われちゃったんだよね」
「適当でいいから5案くらい出してほしい」
「明日の朝イチまでによろしく」

ほんとウンザリ。。。

最初に入社した会社と変わらない勤務時間、休日に
好きだったご飯も、甘いのか辛いもわからない
ただの食料に変わっていた。

当り前の話だけど、
会社に頼り続けていては何も変わらない。

自分のデザインを好きになってくれる環境を作りたいのなら
フリーのグラフィックデザイナーになるしかない!

フリーになると決意したわたしは、
自分のデザイナー人生を変えるきっかけになった
仕事に出会ったのです。

とはいえ、、、

フリーになるための自分のポートフォリオ以外にも、
わたしはフリーのデザイナーになるための条件
手に入れていませんでした。

 

ただ、わたしには、フリーのデザイナーになるために、

=============================
◯自分の名刺代わり、看板となる自分らしいデザイン作品が無い
◯デザイン経験がない
◯プレゼン能力がない
◯クライアントを満足させるデザイン力が無い

=============================

ことを理解していた。

 

「フリーになるために経験をもっと積まなくちゃ!」

 

おっさんデザイナーNさんは
aikoと同じ自分を表現するSELFISHなデザイナー!

社長からは、Nさんは40過ぎのおっさんデザイナーと聞いていたから
てっきりただの小汚いおっさんかと思いきや、
自分でイラストも描き、写真も撮る、オールマイティーなデザイナー。

同じデザイン業界で働いているので、
わたしと同じように毎日あくせく働いていると思いきや
いつ飲みに誘ってもいつでもOKと言ってくれるし、
休日には大好きな旅行に出かけているそう。

 

見た目はaikoとは天と地ほどかけ離れているけれど、
セルフィッシュに生きている!

 

デザインもクライアントに流されることなく
自分の好きなようにデザインしている。

鉄道のキャンペーン広告で
勝手にキャラクターをつくり、
それが採用されポスターにも電車の中吊りにも
Nさんがつくったキャラクターがデザインとともにでかでかとのっている。

 

「なんだ。自分の好きなようにデザインしていいんだ!」

 

人の意見に流されず自分を出すデザインが
大事だということを知った瞬間だった。

 

Nさんに出会ってから、わたしの中で何かが変わりつつあった。

フリーのセルフィッシュデザイナーになるため、
わたしもデザイン力を上げて一人前のデザイナーにならなくては!

Nさんに会った次の日に入った新規のデザインの仕事。

よく一緒に仕事をする代理店で新人の子が入ったというので、
せっかくだからイチから任せたいとのことで
海外旅行の新聞広告を作ることになった。

見栄えがよくなるように、何となくいい感じにできたものを
社長に見せると一言。

 

「どうしてここに青色を使ったの?」

「えっと…な、何となくきれいかな…と思って」

「ふーん、まぁいっか。これで一回出してみよ」

 

今まで先輩やクライアントの言う通りにデザインしていたため、
いざ、自分がデザインしたものの意図を聞かれると答えられない。。。

 

結局、クライアントに見せると何度も修正が入り、
出来上がったものは色々な要素がごちゃごちゃに入った
自分の作品とは言えないものだった。

代理店の新人の子からは
「まとまりがない感じになってしまってすみません…」
と言われたけれど、

申し訳ないと同時に悔しさがこみ上げてくる。

 

代理店の子が新人だったからじゃなく、
結局クライアントの言う通りにしかできない
わたしのデザイン力、コミュ力のなさに。

 

  • 自分のポートフォリオに自身を持って
    加えられそうな作品がいつまでたっても生まれない
  • クライアントを説得させるだけの
    デザイン力やコミュ力がない

 

自己犠牲な生き方をしてきたわたしには、
やっぱりフリーのデザイナーになるのは無理かも。。。

aikoになれた!と思えた瞬間到来!
デザインとは『
クライアントの悩み×自分らしさ

フリーのデザイナーをあきらめかけていたある日、
今まで「なんとなく」好きなようにデザインをしていた自分を、
セルフィッシュデザイナーのNORIさんに見抜かれた!

ちなみに、
お盆などの長期休暇前って、デザイナーって忙しいですよね。
当時のわたしも同じで、休み前に仕事が山積み状態でした。。

デザイン以外の仕事も頼まれたり、
フリーへの夢も忘れるくらいに忙しくしていた、
盆休み前の繁忙期時期。

いつもの取引先である新聞社の竹山さんから
インバウンド向け冊子の製作依頼が舞い込んできたのですが、
またいつものように流れ作業でデザインをしてしまっていたんです!

 

営業の竹山さんは、目がクリッとしてちょっとお腹の出た、
ノリの良いザ・営業気質の人。

ただ、仕事の依頼の仕方も
「新聞社のロゴ入れて新聞っぽい感じがいい」
「あとは適当にやってくれればいいから」

と、こんな雑な感じはいつものこと。

でも、適当にと「おまかせ」なくせに、
修正は平気で趣味趣向で赤入れしてくるタイプの人。

 

「まためんどうくさくなるのもイヤだし、
仕事も忙しいし、さっさと仕事を片付けるか…」

 

クライアントの趣味趣向だけにフォーカスし、
名古屋の名所の写真を使った案、
紙面の真ん中にNAGOYAの文字を大きくあしらったザ・観光冊子な案など
5案ほどデザインが仕上がったとき、
ふと不安がよぎり、Nさんのことが思い浮かんだ。

「ただこれ、Nさんなら何て言うかな…?
よし、Nさんに聞いてみよう!」

竹谷様さんの言う新聞っぽい感じにできたし、
なんとなくいい感じなので
まぁ「いいじゃん!」と褒めてくれるかな!

 

しかし、
夕方にLINEでNさんと連絡をとり
デザイン案を持って意気揚々とNさんのオフィスに行くと
やはりというか、不安が的中し開口一番に怒られた。。。

デザインするときコンセプトは考えてる?
最初からMacに向かって何となくで手を動かしてない?

「今MARINAがやってるデザインは小手先のもの。
世の中にある良いデザインをたくさん見て、
どんな風につくられているか?
なぜこのようなデザインになっているか?を考えよう

「MARINAってイラスト好きだよね?
だったら、名古屋城とか、それっぽい写真を入れるのもいいけど、

織田信長のイラストとか入れちゃえば面白いんじゃない?」

 

しかし、おこられた内容で一番驚いたのは
「自分のカラーを出せていない」ことだ。

「クライアントの言うとおりにやってばかりいたら、
自分の作品といえる作品はできないし、
自立したデザイナーにはいつまでたってもなれない。
もっと自分を出そうよ!
思いっきり自分勝手にやってみればいいじゃん!」

 

Nさんに言いたいことはわかる。
けど、今まで考えたこともなかったことばかりだな。。。
でも、まずは信じて言われるまま行動してみるか。

わたしは事務所に帰ってもすぐにMacに向かわずに、
自分が良いと思えるデザインをネットや本屋で見て、
どんなコンセプトでつくられているか
『なぜ?』をひたすら繰り返した。

  • なぜこのフォントを使ったのか?
  • なぜこの色を使ったのか?
  • なぜ余白の天地はこの広さなのか?
  • なぜこのような構成にしているのか?

すると、今まで見えてこなかった
デザインだからこそ実現できる解決策と、
自主性を全面に出すデザイン案が
どんどん湧いてくる!

「竹山さんには新聞っぽいデザインがいいと言われたけど、
日本の新聞っぽくして海外の人に伝わるのか?
英字新聞っぽくするのも違う気がする。。。
空港や観光案内所に置くのなら
パッと見て名古屋っぽいイメージが良いんじゃない?
Nさんに背中を押されたイラストを使って
名古屋にゆかりのある織田信長っぽい
キャラクターを入れたらどうだろう?
そうだ!この冊子は外国人にショッピングしてもらうための媒体だから、
信長には刀にかわりにショッピングバッグを持たせよう!」

 

そして、デザインが仕上がった次の日。
自信満々でプレゼンに挑むと
竹山さんが今までに見たことのない鼻息で喜んでくれた。

 

「いいね!MARINAさん!こういうのが欲しかった!」

 

竹山さんのリアクションはいつもと違い
セルフィッシュなデザインの仕上がりのわたしのデザインを
めちゃくちゃ面白がってくれて、さらに
「奥さんや息子も入れてみてよ!」
と追加のイラストを提案されてしまうほど。

あと2人も描くなんてめんどうだなと思いつつも、
内心はすごくワクワクしている!

(完成したインバウンド冊子の表紙)

そして、出来上がったインバウンド冊子は大好評!

さらに、
第2弾の制作をすることにつながった!

 

「そうか、これがデザイナーだったんだ!」

 

わたしは今まで仕事の忙しさを理由に
クライアントの言うがまま、さっさとタスクを処理する
「なんとなく」のデザインをしていただけだった。

クライアントが好きそうなものを選び、
良さげな素材を引っ張ってきて
新卒で入社した会社の先輩さとみさんのように、
おざなりでデザインをして人生の時間を無駄にしていた。

 

自分の強みを気づいていないクライアントは山ほどいる。
それを教えてあげるのもデザイナーの役目なのだ。
だから、クライアントの言うとおりにやってばかりいたら、
逆にクライアントにとっても機会損失なことだよね。

自分の強みを生かさないのは
クライアントだけじゃなくてわたしも同じだわ。。。

「おまかせ」って言うのならそれは
自分を活かすチャンスなんじゃない?
イラストを描くのが好きなら仕事で使っていこうよ!

上手に話せなくても、私たちにはそのために
絵を描く力や『デザイン』があるのだ。
たとえプレゼン力が低くても、
伝えたいこと、やりたいことがあれば、
コミュ力なんて関係ない!

でも、わたしがしてきたものはデザインではなかった。

 

セルフィッシュなデザイナーって最高じゃん!

 

わたしはちょっとだけでも
aikoに近づけたかな?

今まであたしがしてきたこと
間違いじゃないとは言い切れない
ケドあなたと逢えたことで
全て報われた気がするよ

(引用:aiko「桜の時」)

わたしが今までしてきたデザインは、
クライアントの目的(問題解決)を果たしていなかった。

クライアントの悩みを解決してあげて、
自分らしさを入れたデザインを掛け合わせることで
クライアントにも喜んでもらえる結果を出し、さらに
作品ともいえる実績がどんどん構築されていき、
自立したデザイナーになっていくんだ!

フリーのデザイナーになるのは
セルフィッシュなデザインをすることが大事!

デザイナーが何であるか気づいてから約3年。

わたしは、2020年についにフリーのデザイナーになった!

 

フリーのデザイナーになるためにしたことは大きく3つ。

  • 自分が尊敬できるデザイナーに出会う(Nさん)
  • 本屋さんやネットでかたっぱしから良いと思うデザインを見て、
    どのようなコンセプト、目的(ゴール)で作られているか考えながら見る
  • 自分の作品と言える実績をつくる

大量の時間をかけて多くのデザイン案をつくっていたけれど、
目的を明確にし、コンセプトを考えるようになってから
デザインにかける時間も半分に。

 

わたしが好きなファッションもデザインと同じ。

コムデギャルソンのデザイナーの川久保玲さんも言っていた。

誰にでもわかって、よく売れそうで、という服を作っていたらコムデギャルソンの存在はありません。

わたしたちの服選びは、自分らしいデザインをすることと一緒。

クライアントの言う通りに安い金額でできるありきたりなデザインなんて、
正直なことを言ってしまえば誰に頼んでも同じ。

私が服を選ぶ基準も一緒だ。
安くて着回しのきく服はたくさんあるのに、
なぜ、ブランドの服を買うのか。

それは、デザイナーのアイデンティティに惚れているからだ。
決して安くはない服を買うのは、
その服がもつ個性にドキドキワクワクするから。

デザイナーがやりたいことをしている服が魅力的。

みんなもそういう服好きじゃないですか?

 

デザインも基礎がしっかりしていれば、
あとは自分の好きなことをしていいんです。

 

クライアントに媚びたり、先輩の言うことばかり
言われるままのデザインは埋もれてしまい

自分の名刺代わりになるような作品ができず、
一生フリーのデザイナーになれず、会社にい続けることになる。

 

つまり、セルフィッシュなデザインをしなくては
フリーのデザイナーになれないということ。

フリーのセルフィッシュデザイナーになって
自由な生き方を手に入れた!

 

  • 毎朝、満員電車に乗って、クライアントや先輩の言いなりで終電ギリギリ
  • 休日も働いて彼氏や友だちとの時間をつぶし、
    好きなときに好きな人と好きなだけ遊べない
  • 気軽に旅行に行けない
  • 好きな服を買うお金がない。そもそも買いに行く時間もない
  • ゲームをする時間もない
  • クライアントから一発OKが出るデザインができない
  • 生活の一部になるようなデザインができない
  • フリーのセルフィッシュなデザイナーになれない
  • ただ好きなデザインをして、心から自由(フリー)になれない

 

こんなことに悩んでいたけれど、
クライアントから言われるまま何案も何案もつくり、自分の人生を犠牲にすることではなく
本当のクライアントの意向を読み取り自分の好きなようにデザインすることで
良いデザインが出来上がり、働く時間も減り、プライベートも充実してくる。

 

そして、私はフリーのデザイナーになり、セルフィッシュな生き方をしている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎好きな時に好きな人と遊びに行ける
◎気が向いた時に好きな場所へ旅行にも行ける
◎好きな時間に起きて、ゆったりとした少し遅めの朝食を楽しむ
◎好きな時に仕事して、好きな時に休める
◎やりたいときに趣味のゲームや料理に没頭できる
◎大好きなYAECAの服を値札も見ずに買う
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

セルフィッシュなデザインができるようになったことで
尽きない泉のようによろこびが湧き上がり
毎日がこんなにも輝いている。

フリー(自由)のセルフィッシュなデザイナーになりたい人へ

selfishって、辞書で引くと「利己的な、自己中心的な」という意味が出てきます。
しかし、マイナスなイメージに捉えるのって日本だけ。

「自己中心的な」という意味は英語だとegotist。

日本語だとマイナスなイメージの意味はあるのに、
プラスのイメージの意味はないんですよね。

他人を犠牲にして自分の利益を追求するのが「自己中心」、
他人のことを気にせず自分の好きなことをするのが「自分中心」。

「自己中心」は自分に対して甘く、「自分中心」は自分に対して優しいという意味がしっくりきます。

自分を犠牲にして人の為にばかり生きると内側に貸しが残るんです。「これだけやったんだから」というものが残って、見返りを求めるのだと思います。賞賛を得るために頑張ったり、相手に対する要求が無意識の中でエスカレートして、逆恨みしたり、凹んだりもします。本当に人の為になる事をしたいなら、自分自身がハッピーになることです。それが心構えだろうと行動だろうとどっちでもいい。自分を大切にできない人に、犠牲の意味がわかるものか。自分の為に生きる事は他人をおいてきぼりにする事ではありません。自分を大切に出来ない人に、他人を大事にする権利なんてない。

つまり、selfishは「自己中心」ではなく「自分中心」と訳す方がしっくりくる。

selfishでいいんです。

デザインも基礎をおさえ、クライアントの悩みを解決できていれば自分中心でいいんです。

 

関連記事:本業とは別にもう一つキャッシュポイントを作る。
(→記事書いてリンク飛ばします)

 

フリーのデザイナーになりたいと思っているあなたに会えてよかった。
もしかしたら、私と同じようにNさんのような人に出会うタイミングは“今”かもしれません。

 

会社にずっと縛られつづけ、休日も仕事にために潰して
上がらない給料にもずっっっっと耐える。

こんな生活はもう耐えられないですよね?

 

会社を辞めたくても辞めれないと悩んでいた昔の私みたいに

いま、行動を起こすことでフリーのデザイナーになれるはず。

 

フリーのデザイナーになるためにまず何をしたのか、
どれくらいの時間がかかったのかを
このブログで発信しているので、気軽に受け取ってください。

Twitterでもフランクな感じで情報を発信しているので会いにきてださいね♡

(Twitterリンク貼る)

 

自分らしくある為に
神様がくれたもの
あなたに出逢えたこの奇跡

誰が何をしようと関係ない

(引用:aiko「be master of life」)

aikoすき♡

 

あなたの人生なので、自分中心な生活で自分を大事に。