岸優太(キンプリ)の母校はどこ?通信制高校時代は友達がいなかった?

最近、人気急上昇中のアイドルグループ「King & Prince(通称:キンプリ)」。

グループ内でもジャニーズJr.時代から人気のあった岸優太さん。

きっと高校時代もモテモテだったのではないでしょうか。

今回はそんな岸優太さんの母校について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

岸優太(キンプリ)の母校はどこ?通信制高校?

岸優太さんの出身高校ですが、具体的にどこの高校かということは残念ながら分かっていません。

しかし、通っていたのは通信制の高校だということは分かっています。

岸優太さん本人が2018年10月13日放送の『RIDE ON TIME』で

普通の学校と違う感じで通信制だったんで

と語っています。

高校の最寄り駅は「大宮駅」が有力候補だとうことですが、

大宮駅が最寄り駅の高校は全部で6つ。

  • 飛鳥未来きずな高等学校
  • 鹿島学園高等学校
  • KTCおおぞら高等学院
  • ヒューマンキャンパス高等学校
  • 松栄学園高等学校
  • あずさ第一高等学校

しかし、ファンの皆さんの間では大宮光陵高校では?と噂されていますが、

大宮光陵高校は通信制はないため、実際のところはどこの高校に通っていたかは分かりません…。

スポンサーリンク

岸優太の制高校時代は友達がいなかった?

通信制の高校に通っていた岸優太さんは、

モテモテかと思いきやそうでもなかったそうです。

中学生時代から芸能活動をしていた岸優太さんは、

高校でより活動の幅を広げたいと思ったのか通信高校を選んだのでしょうか。

通信高校ゆえに青春はなかったそうです。

部活にも特に入っていなかったようなので、心残りがある学生生活だったのかもしれません。

友達がいなかったとは語っていませんが、もしかしたら青春を謳歌できていないことから

友達は少なかったかもしれませんね。

岸優太(キンプリ)の中学校は川越市初雁中学校?

岸優太が通っていた高校は分かっていませんが、

中学校は川越市初雁中学校では?と言われています。

中学校時代は野球部に所属していましたが、ジャニーズ事務所に入ったことがきっかけで

中学2年生のときに退部しています。

ジャニーズ事務所に入った当初はレッスンなどがとても大変だったそうですが、

それを乗り越えたら楽しくなったと言っています。

忙しいながらも充実した中学校生活を送っていたようです。

岸優太(キンプリ)の母校はどこ?通信制高校時代は友達がいなかった? まとめ

いかがでしたか?

岸優太さんの母校について調べました。

高校時代は青春を感じることが少なく、心残りな学生生活だったようですが、

今の活躍した姿を見れるのは嬉しいことですね!

これからの活躍を期待しています♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です