コロナ対策の現金支給はいくら?1万2千円支給ではなくて減税がいいとの声!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で

経済が落ち込んでいることへの対策として、

政府・与党が1人あたりに現金支給を検討していることのことです。

一体いくら支給される予定なのでしょうか。

スポンサーリンク

コロナ対策の現金支給はいくら?1万2千円?5万円?

新型コロナウイルスによる経済への影響で

政府・与党が1人あたり支給する金額は1万2千円以上を検討しているとのことです。

2008年のリーマンショックの後には1人あたり1万2000円の給付措置が実施されました。今回の給付額について、政府高官は「リーマンショックの水準を超える規模が必要だ」と述べていて、1万2000円を上回る額を検討していることを明らかにしました。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200318-00000024-ann-pol)

しかし、一部メディアの報道によると5万円を検討しているとの情報もありましたが、

案段階での金額だったのでしょうか?

現時点では、1万2千円以上が有力です。

一部メディアの報道記事によると、政府は国民1人あたり5万円を現金支給する方向で調整しているとのことです。減税は行わず、現金支給で緊急対応するとしています。

(引用:https://johosokuhou.com/2020/03/18/27669/)

コロナ対策|世界の現金支給額

日本以外の国でも現金支給を検討しており、

アメリカや香港、韓国は以下の通りで

いづれも日本より高額の支給になっています。

  • アメリカ 10万円
  • 香港 約14万円(1万香港ドル)
  • 韓国 ソウル市、117万世帯に緊急支援最大4万3千円

スポンサーリンク

コロナ対策は現金支給ではなくて減税がいいとの声!

新型コロナウイルス対策として検討されている現金支給。

しかし、少額の支給であれば減税がいいとの声が多く見られました。

しかし、減税となるとシステムを変えることになり

大きく負荷がかかるとの意見も見られました。

コロナ対策の現金支給はいくら? まとめ

コロナ対策として支給される現金がいくらなのかまとめました。

政府・与党はリーマンショックの時よりも上回る1万2千円以上を検討しているようですが、

アメリカや香港をみると10万円を超える支給額で、

不満に感じてる意見が多く見られました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です