石川県知事 谷本正憲のコロナ会見に無能・老害の声!観光アピールはお金のため?

石川県の谷本正憲知事が3月27日に都民の方へ向け

県内へ観光アピールをしていたことが分かりました。

スポンサーリンク

石川県知事・谷本正憲のコロナ会見に無能・老害の声!

(画像引用元:Twitter)

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため東京都が外出自粛を要請しているなか、

石川県の谷本正憲知事は3月27日の会議で「兼六園」の無料開放などを公表した後、

報道各社の取材に「自粛疲れ」した都民に向けて

「息抜きしたければ、無症状の人はお越しいただければ。新幹線もあり、2時間半で来られる」

観光アピールをしていたそうです。

 

もし無症状や軽症だとしても、本人が気づかずに

他の人へウイルスを感染させてしまうことも少なからずあるため注意が必要だと

厚生労働省の「新型コロナウイルスに関するQ&A」でもふれています。

通常、肺炎などを起こすウイルス感染症の場合、症状が最も強く表れる時期に、他者へウイルスを感染させる可能性も最も高くなります。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/about/transmission.html
したがって、可能性は低いとみられるものの、新型コロナウイルスについては十分解明されていないこともあるため、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください

(引用:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q4)

 

石川県知事の今のタイミングでの観光アピールに対して

世間からは「無能」や「老害」などの声が多く上がっていました。

スポンサーリンク

石川県知事・谷本正憲の観光アピールはお金のため?

石川県知事がなぜ観光アピールをしたのかいうと

新型コロナウイルスの感染による県内経済の落ち込みが原因にあげられそうです。

事実、石川県も宿泊施設でのキャンセルが相次ぐなど経済に影響が出ているようです。

県によると、大型連休に向けて県内の宿泊施設への予約状況は前年同期比で6~8割減少。1月下旬から3月下旬までの2カ月間のキャンセルは10万泊分以上にも上ったという。

(引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18052140/

谷本知事は31日、毎日新聞の取材に対して

「無症状の人は我々にはわからない」「来るなと拒否する必要はない」と述べたそうです。

ネットでもお金より人命を大切にしてほしいとの意見がみられました。

石川県知事・谷本正憲のプロフィール

生年月日:昭和20年4月16日

年齢:74歳(2020年4月1日現在)

血液型:O型

出身大学:京都大学法学部

石川県知事は京都大学を卒業後は自治省に入省。

その後は、島根県総務部財政課長や茨城県環境局長、自治省財政局交付税課長などを経て

平成6年に石川県知事に就任しています。

石川県知事・谷本正憲のコロナ会見 まとめ

市川県の谷本正憲知事が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため

外出自粛を要請しているなか、観光アピールをしたことについてまとめました。

感染拡散や人命より経済を優先しているように捉えられる発言に

世間からは「無能」などの声が集まりました。

スポンサーリンク

1 Comment

dd

石川県民には東京への出張自粛を求めながら、東京都民の石川県への観光旅行はウェルカムと言う……。
控えめに言って老人性痴呆症だろう。

返信する

dd にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です