【画像】教場|木村拓哉の目が義眼の理由は?千枚通しが原因で教官に!

1月4・5日に放送されたフジテレビ開局60周年記念特別企画『教場』。

木村拓哉さんが主演のドラマですが、今までの木村さんのイメージにはない

ビジュアルに注目が集まりました。

スポンサーリンク

【画像】教場|木村拓哉(風間公親)の目が義眼の理由は?

(画像引用元:https://access01.com/2020/01/04/kyouzyou-kimuratakuya-eye/)

木村さんが演じたのは警察学校の教官の風間公親(かざまきみちか)。

冷酷無比な警察学校の教官ということで

これまでの木村さんのイメージには冷酷なビジュアルですが、

白髪に加え気になるのが右目の義眼

左目に比べて黒目が小さく三白眼のように見えます。

しかし、ドラマ内では義眼になった理由は最後まで明かされなかったようで、

気になる人が多くいました。

木村拓哉の警官時代の千枚通しが原因で目が義眼になり教官に!

義眼になった理由は最後まで明かされなかったため

もしかしたら続編があるのでは?との声もありますが、

原作内ではその理由が明かされていました。

刑事だった風間がかつて逮捕した凶悪犯・十崎

十崎が出所後、新米刑事・平優羽子を襲撃。

をかばった風間。そのおかげでは襲撃を免れたもののたが、十崎が所持していた千枚通し風間の右目に刺さってしまいました

十崎は20歳のころ、交際していた女性の首の命を奪った過去があります。

凶器が千枚通しで携帯しやすいように加工していたそうです。

十崎ともみ合った際に右目に千枚通しが刺さった風間から

千枚通しを平が抜こうとしましたが、

刑事の心得を忘れたか。
証拠物件の保存が第一だ。犯人の指紋を消す

と言った風間に人間性が垣間見えます。

そうして右目を失った風間は現場を去り教官になりました

 

ちなみに原作では「義眼を思わせる」との程度でしたが、

木村さんと監督が話し合った結果、義眼にした方がよいという結果になったそうです。

角度や見え方など色々と試行錯誤し作成したようで、

ドラマでの風間のすごみが表現されていましたね。

 

原作ではそのほかドラマ内では描ききれなかったところまで

書かれているので気になる方は呼んでみてください。

スポンサーリンク

教場|木村拓哉の目が義眼の理由 まとめ

フジテレビ開局60周年のスペシャルドラマ『教場』で

木村拓哉さん演じる風間公親が義眼になった理由についてまとめました。

警官時代に凶悪犯に千枚通しで刺されてしまったことが原因だったようです。

ドラマ内では義眼になった理由が明かされなかったたため

もしかしたら続編もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です